ガミラシークレットの感想

無添加石鹸を使うメリットとデメリットとは

 

無添加石鹸とはそもそも何

無添加石鹸とは名前の通り添加物を使用せずに作られた石鹸で、
肌に対する刺激が弱いため敏感肌の人や赤ちゃんに優しい石鹸といわれています。

 

無添加石鹸のメリットは

一般的な添加物を使用している石鹸の場合、肌の汚れを除去する目的で石油系合成界面活性剤などが含有されています。
これは非常に強い洗浄力を持っている一方で、肌に必要な皮脂膜までも洗い流してしまうのです。
皮脂膜は肌の表面にある膜のような組織で、肌が乾燥してしまわないようにする役目を持っています。

 

それに対して無添加石鹸は表面の汚れのみを落とすので、重要な役目の皮脂膜を残してくれるのです。
そもそも強い刺激の添加物入りの石鹸を使用することで、肌がダメージをを受けて荒れてしまうケースもあります。

 

それでは無添加石鹸は良いとこだらけなの

無添加石鹸は良い部分がクローズアップされることが多いですが、デメリットになってしまう場合もあります。
例えば、アレルギーを持っている人は注意が必要になります。
無添加石鹸には植物性の成分が含まれていることが多いため植物のアレルギーを持つ人は、
一般の石鹸以上のダメージを受けるケースもあります。

 

更に言えば、無添加の定義も曖昧な部分が多く各メーカーにより統一されていないことも事実です。
石鹸を選ぶ際には無添加石鹸であっても成分をきちんと調べてから購入することをお勧めします。"